読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんまね日記

Nora In True NorthとSLEEP IS SLEEPの音楽クリエイター、まねたんの日記です!バンド・日常・世界一周旅行などなど!

国内ひとり旅④ ~「福井県立恐竜博物館」編~

こんばんは、まねたんです!

 

前回の富山と石川の旅に続きまして、

今回は福井県にある「恐竜博物館」での旅について書きたいと思います!

f:id:moneytongue:20160627021312j:plain

 

実は、この福井の恐竜博物館こそが今回の旅の最大の目的なのです!

皆さんは、この福井県立恐竜博物館」はご存じでしょうか?

私はご存知です。なぜならば、知らなければこの記事を書けないからです。

なんと、ここ福井県立恐竜博物館世界三大恐竜博物館の1つなのです!(他の2つはカナダの"ロイヤル・ティレル古生物学博物館"と、中国の"自貢恐竜博物館"です。)

世界三大という響きがまずかっこよすぎますし、それが日本の福井県にあるなんて驚きですよね!

f:id:moneytongue:20160627031839j:plain

何かと福がつく系の他の強いやつら(福島と福岡)に押されがちな印象のある福井ですが、

「恐竜王国」なんて名乗れるのは、恐竜の化石の発掘などが非常に盛んな福井だからこそです!

幼少の頃の夢が考古学者だった私としては(ガチ)、ここはずーっと訪れたいと願ってやまない場所だったのです。

また、福井県は幸福度が日本1位の都道府県としても知られています。

このことから「恐竜ある=幸せ感じちゃう」という公式が導き出されるため、私も家に恐竜の全身骨格を置くことにしました。(値段を調べてみたら死んだのでやめました。)

 

それでは、福井県立恐竜博物館を冒険していきましょう!

(※今回はかなり写真多めでお送り致します。そのため、これから訪れようと考えていらっしゃる方で博物館の中身を知りたくない方は、こんなブログから早く抜け出して自分の人生と向き合ってください!)

さて、博物館のある福井県勝山市に到着し、

駐車場に車を停めて博物館に向かっていくと、この大きなオブジェが出迎えてくれます!↓

f:id:moneytongue:20160627022410j:plain

超大迫力!もうこれだけでテン爆(テンションが爆発)し始めます!

このオブジェを横目に歩いていくと、博物館の入口が見えてきます!↓

f:id:moneytongue:20160627022308j:plain

うぉぉ!「っぽさ」がすごい!「っぽさ」が!!

この圧倒的「博物館感」、たまりません…。

f:id:moneytongue:20160627021918j:plain

入口の前にあるベンチには、恐竜博士が座っております!白衣が似合ってる~!

入口に入ってすぐのところにあるタッチ式の券売機でチケットを買って、

メインの常設展がある地下一階にエスカレーターで下りてゆきます。

f:id:moneytongue:20160627024722j:plain

もう私はわくわくしすぎて、わくわくおじさん完全体です。

ちなみに館内は、フラッシュを焚かなければ写真撮影OKです!

f:id:moneytongue:20160627025147j:plain

最初は、いくつかの化石とその説明が展示されている通路が出てきます!↓

f:id:moneytongue:20160627025339j:plain

そこを抜けてメインのホールに出ると…

f:id:moneytongue:20160627025432j:plain

どきゃん!!!動くティラノサウルスが盛大に出迎えてくれます!

ひんぎゃあ!かっちょいいいいい!!

こちらはティラノサウルスの全身骨格標本!↓

f:id:moneytongue:20160627032630j:plain

そして、それぞれの展示物にはこのように非常に丁寧で分かりやすい説明がつけられております!↓

f:id:moneytongue:20160627034042j:plain

もし展示物とこれらの文章を全て読み込もうとするならば、

1日あってもこの博物館を周りきれるかわからないくらい充実したものが揃っているのです!

続いて、こちらが私が最も好きな恐竜であるブラキオサウルス! 

f:id:moneytongue:20160627032824j:plain

なぜブラキオさんが好きなのかというと、「クソデカいから」です。ピュアでしょう。

f:id:moneytongue:20160627032831j:plain

も、ものすごい…迫力…カミングパワー(迫りくる力)…

f:id:moneytongue:20160627032900j:plain

スンバらしいですね。ペットにしたいです。

f:id:moneytongue:20160627032736j:plain

↑ブラブラキオキオたんと、その仲間っぽいやつら合わせて3匹!ドドドドドドドド!!!!!!

 

この他にも色々な恐竜の骨格が展示されていて、恐竜のロマンがめちゃめちゃダイナソーしています!

その中のいくつかをご紹介いたします。

福井県で発掘された恐竜!

f:id:moneytongue:20160627033202j:plain

↓世界最大のウミガメ!

f:id:moneytongue:20160627033347j:plain

↓空飛ぶ翼竜プテラノドン

f:id:moneytongue:20160627033418j:plain

名前の前半に「ロ」が多すぎ問題を抱える恐竜。

f:id:moneytongue:20160627041628j:plain

↓「The 嘘つけ。」って思って説明文を読んだら本当にくじらの祖先的なやつだったやつ。

f:id:moneytongue:20160627033600j:plain

↓みんな大好きマンモスぅ!

f:id:moneytongue:20160627034540j:plain

トリケラトプス

f:id:moneytongue:20160627042601j:plain

↓この自撮り棒とスマホでかすぎだろ、ってなるやつ。

f:id:moneytongue:20160627032441j:plain

進撃の巨人!?って思ったやつ。

f:id:moneytongue:20160627042815j:plain

また、この博物館はドーム状の建物の中に入っており、

地下の常設展の全景はこのような感じになっております!↓ 

f:id:moneytongue:20160627025806j:plain

そしてこちらが1階の全景!↓

f:id:moneytongue:20160627025819j:plain

天井ドーン!翼竜が飛んでる!↓

f:id:moneytongue:20160629021105j:plain

非常にモダンで洗練された建物なのです!すごくきれい~↓

f:id:moneytongue:20160627043113j:plain

 

…いかがでしょうか!?

まだまだ紹介したい素敵な展示がたくさんあるのですが、

全部紹介し尽くすためには、

私の余生を全て捧げる必要があるほど充実した展示内容なのです!

私にはまだ余生でやりたいことがいくつかあるので、

各々の展示物の紹介は以上にします。

もっと見たい殺すぞ!という方はぜひ時間を見つけて博物館を訪れてみてください!

きっと楽しいですよ! 

 

そして最後に、何枚か記念の写真を撮りました!

一生に一回しか撮れないタイプの記念写真。↓

f:id:moneytongue:20160627030251j:plain

日本人の9割が「これをやるまでは死ねないリスト」に入れていると噂の『カマラサウルスとの記念撮影。』!↓

f:id:moneytongue:20160627030422j:image

博物館の外にある小さな丘っぽいところにいる隠れダイナソー!(奥に少しだけ見える半球状の建物が、博物館の本体です!)↓

f:id:moneytongue:20160627030718j:plain

 

さて、今回の記事は以上となります!

少しでも「福井県立恐竜博物館」と恐竜たちの魅力が伝わっていたら嬉しく思います!

そして、次回の記事が今回の「国内ひとり旅」の最後の記事となります。

次回は、福井県で私が訪れた、恐竜博物館"以外"のスポットをご紹介したいと考えております!

 

それではまた!

(・ω・)ノ

f:id:moneytongue:20160627030609j:plain

づぅうううん!!!