読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんまね日記

Nora In True NorthとSLEEP IS SLEEPの音楽クリエイター、まねたんの日記です!バンド・日常・世界一周旅行などなど!

国内ひとり旅② ~山形・新潟編~

こんばんは、まねたんです!

 

前回の福島の旅に続きまして、

今回は山形県新潟県の旅について紹介していきます!

ちなみに、前回紹介し忘れてしまったのですが、

福島で夕暮れ時に撮ったこの雲、めっちゃ蝶に見えません?超、蝶に見えません?町長に!

f:id:moneytongue:20160618030428j:plain

まぁ町長には全然見えませんが、大きな蝶々が羽ばたいているように見えますよね!

この2分後くらいには廃工場の煙みたいになっていて、「マジ諸行無常」って思いました。

こんな素敵な雲や、夜には満天の星空(生半可な満天ではなくガチな満天)も見える福島で一夜を明かしました。

そして翌朝!

f:id:moneytongue:20160618031931j:plain

キラキラァァァ…キュアキュアァァァ…

前日に続いてとても天気がよろし!

俺は雨男・雨女を大したことないやつなら5~6人くらい抱えてなお、晴れを呼べるほどの晴れ男なのです。

そろそろ、雨に悩まされている国とか地域から晴れ男代表として出動要請が来るんじゃないかと感じています。

さて、この日は夕方に新潟で予定があったのですが、

それまでの時間をどこで過ごすのか決めていなかったのです。

しかし、起きた瞬間から「マウンテン…シェイプ…ヤマガタぅっっ!!」みたいな気分だったため、

山形に行くことにしました!

そうして車を走らせていたのですが、福島と山形の県境を超えた瞬間に…

f:id:moneytongue:20160618033732j:plain

なんか猿がめっちゃ登場しました。

とてもびっくりして、「すごい待って。これって普通なの?」と1人で車の中で声を出してしまいました。

うまく写真に収めることはできなかったのですが、マジで10匹くらいいたのです。

f:id:moneytongue:20160618033856j:plain

そんなファンキーモンキーな歓迎を受けつつ、山形に到着しました!

夕方には新潟に行く必要があるのであまり長い時間はいられないのですが、

だからこそ濃密に楽しんでいきます!

今回、山形で行くことにしたのは「山寺」です。

なぜここに行くことに決めたのかというと、Google「山形 観光地 特に最強のやつ」と検索して出てきたからです。

山寺の麓はこんな雰囲気です!

f:id:moneytongue:20160618035959j:plain

この近くに車を停めて山寺に向かうのですが、この途上にこんな看板がありました。

f:id:moneytongue:20160618040023j:plain

 『面白山』!!!

なんという度胸でしょう。

自ら「面白(おもしろ)」と名乗るなんてものすごい勇気です。

名前のメッセージ性が強すぎるパターンです。

例えば、自分の名字と名前が「料理 うま蔵」とかだったら、例外なく死にたくなるということです。

出木杉くん」とかも完全にそのシステムですね。

残念ながら今回は時間に余裕がなく面白山を訪れることはできなかったのですが、

次はぜひ行ってみたいと思っております!

さて、話を山寺に戻します!

f:id:moneytongue:20160620013517j:plain

恥ずかしながら山寺の歴史については、

松尾芭蕉が有名な『閑さや岩にしみ入る蝉の声』という句を詠んでいるからなんだかとってもすごいんだよ、

ということくらいしか知らないのですが、

写真は何度か見たことがあったので、ぜひ訪れてみたいとずっと考えていたのです!

そんな山寺は「山の寺」というくらいなので、山を登ったところにあります。

というわけで登って行きます!

f:id:moneytongue:20160620015012j:plain

山頂に向けて、割とガチで長い階段をペットボトル2000本くらい消費しながら上っていくと、

ところどころ見どころっぽいものが出てきます。いくつか紹介させて頂きます!

これはなにかしらのエピソードを秘めている超でかい岩です。↓

f:id:moneytongue:20160620025644j:plain

これはなんらかの理由があって建てられた門です。↓

f:id:moneytongue:20160622041414j:plain

そしてこれはなにか重要なことを伝えようとしている看板です。

f:id:moneytongue:20160624020432j:plain

観光地に多い、このタイプの文字情報の多い看板って非常にタメになるのですが、

見てから6秒とか経つと完膚なきまでにその内容を忘れるのは俺のIQが5だからでしょうか。

この山頂までの階段のルートは、とても神秘的な雰囲気の森に囲まれています。↓

f:id:moneytongue:20160622040744j:plain

f:id:moneytongue:20160622041706j:plain

しんぴぃぃ!マイナスイオンのたたき売り&爆買いです。

そしてこれが山頂にある、山寺こと宝珠山立石寺!↓

f:id:moneytongue:20160620014332j:plain

写真で見たことのある観光地に行くと、

「実物が写真を超えることができるかどうか」という部分が重要であると感じるのですが、 

これは完全に予想を超えてくれました!

写真だと少しわかりづらいのですが、このお寺は山頂にあるため、

景色がとっても雄大なんです!

f:id:moneytongue:20160622041031j:plain

↑You die!!(死ぬほど雄大) 

「神秘の森 × 山頂のお寺 = とっても最強」という式は地球の全箇所で有効なので、とっても最強でした。

帰りもそんな神秘の森を通って下山します。

f:id:moneytongue:20160622042212j:plain

シンピィ…

 

こうして山形県の山寺での観光を終えて、麓で昼食を済ませた私は、

急いで新潟に向かいます!

山形(特に面白山)には必ずまた来ようと誓いました。

この日は平日ということもあり道もすいていて、運よく2秒で着くことができました。

f:id:moneytongue:20160622042653j:plain

これは新潟に到着した直後に橋の上でそれっぽい写真を撮ろうとして、

知らないおじさんの背中がフィーチャーされすぎた写真です。

特に「新潟感」も無い謎のおじさんの後ろ姿を好き好んでアップするハードコアなブログと思われたくはないので、どんどん進めていきます。

この日のメインイベントは、新潟LOTSというライヴハウスでライヴを観ることだったのです!

ライヴについてはここでは触れませんが、最高だったとだけ申し上げておきます…。いやほんとにヤバかったっすマジでぁ!!!

ライヴに参戦した後は、新潟市にある『女池 湯ったり苑』の銭湯に入って夜ご飯もここで食べました。

f:id:moneytongue:20160624014836j:plain

山登りをして汗をかき、山頂の美しい風に打たれ、荘厳な景色に目を奪われ、圧倒的なライヴ演奏を楽しみ、温泉に浸かる…

たぶんこれは罪になります。

「箇条書きにしたとき楽しそうすぎ罪」です。

それほど充実した1日を過ごすことができました!

この日は富山に向かいつつ、途中のパーキングエリアで車中泊をすることにしました。

 

さてさて、今回の記事はここまでとなります。

新潟も山形も本当に素敵な場所なので、皆さんもぜひ訪れてみてください!

そして、次回の内容は「富山・石川編」となります!よろしければお楽しみに!

 

それではまた!

(・ω・)ノ

f:id:moneytongue:20160624022438j:plain

↑おまけの信濃川んんん!@新潟