読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんまね日記

Nora In True NorthとSLEEP IS SLEEPの音楽クリエイター、まねたんの日記です!バンド・日常・世界一周旅行などなど!

国内ひとり旅① ~福島編~

こんばんは、まねたんです!

 

さて私たんまね、実は6月9日から一昨日(6月15日)まで日本国内を小旅行して参りました!

Twitterにはちょこちょこ旅の様子をアップしていたのですが、

今回はその旅の様子を、もう少し詳しくこのブログで紹介していきたいと思っております!

 

今回の旅のテーマの1つが、ずっと乗ってきた車を買い替えることになったので、

そのラストランをするということでした。

f:id:moneytongue:20160617021907j:plain

↑愛車のエスティマ

家族で13年ほど乗っており、

ナビが古すぎて新しい道が反映されていないため住宅街や森林のど真ん中を華麗にブチ走っている表示になったり、

物理的に不可能っぽいところになぜか傷をつけたり(俺)、車上荒らしにあったり(俺)と、

非常に思い出深い車です。

走行距離もなかなかになっております!

f:id:moneytongue:20160617022208j:plain

これが旅に出る直前の走行距離です!

果たして、今回の旅でこの数字がどこまでいったのでしょうか!?

 

さて、私たんまねは非常に知能が高いため、

今回の旅で車に乗り込む前に行くと決めていた場所は2カ所しかありませんでした。

ハハッ!

1箇所は新潟LOTSというライヴハウス、もう1箇所は後ほど紹介する福井県のとある場所です!

そのため車を発進させるまで、「車庫を出てまずどっちに曲がるのか」すら決まっていないというとても賢い感じでした。

しかし車を出した途端、「福島じゃね!?!?福の島!副詞魔!!」と直感し、

福島に着きました。

f:id:moneytongue:20160617023801j:plain

猪苗代湖

私は湖というものが大好きなのですが、朝日に映える猪苗代湖は本当に綺麗でした。

あとなんか、湖畔に当然のように白鳥がいてビビりました。

f:id:moneytongue:20160617030150j:plain

あまり自然が豊かではない地域で育った人間にとって、

ペットとして見慣れている猫や犬といった動物以外がポンとそこらへんにいると結構びっくりしますよね。

ちなみに、福島に向かう途中で宇都宮寄ったり、車で一晩明かしたりしてます。

f:id:moneytongue:20160617024248j:plain

↑うまかた。

こうして爆裂無計画-アルティメットノープラン-に始まった旅でしたが、その自由さもまた一人旅の大きな魅力だと思っております!

 

さて、福島に着いてまず向かったのは白虎隊の逸話で有名な「飯森山(いいもりやま)」です!

f:id:moneytongue:20160617030528j:plain

ここは山頂まで有料のエスカレーターがあるのですが(写真右)、

この付近のアナウンスでしきりに、

「マジでエスカレーター乗れ。階段はガチで辛くて絶対後悔する。マジでほんとにやめとけ。」

とひたすら連呼されてました。

それでもご年配の方々の多くや、修学旅行で来ている学生たちは写真左に見える階段を利用していました。

誇り高きニートの私は「みんなすごいなぁ。これなら日本はきっと大丈夫。」と無責任の極みみたいなことを思いながら、

己の資本力(借金あり)に物を言わせ、エスカレーターのチケットを満面の笑みで買いました。

f:id:moneytongue:20160617031002j:plain

初夏の陽気も相まって、なんだか幻想的な雰囲気になっているエスカレーターを登って少し歩くと…

f:id:moneytongue:20160617031134j:plain

このように、会津若松の街を一望できる素敵な場所に出ます!

山頂付近には白虎隊にまつわるものがいくつもありました。

f:id:moneytongue:20160617032430j:plain

f:id:moneytongue:20160617032440j:plain

f:id:moneytongue:20160617032443j:plain

白虎隊の精神が、ドイツやローマと我々を繋いでくれる場所でもあるのです!

また下山道に向かう途中には、栄螺(さざえ)堂という変わった形の建物がありました!

f:id:moneytongue:20160617031530j:plain

↑さざえ堂

ピサの斜塔に泥塗ったみたいな感じだな。」とこれまたクソみたいな感想を抱いていたら、

f:id:moneytongue:20160617032232j:plain

偉人っぽい人も同じことを考えていたようなので、俺は偉人になりました。

ちなみにこちらが世界旅行でイタリアに行った時に、撮ったピサの斜塔です。

f:id:moneytongue:20160617033449j:plain

こうして見ると、あんま似てねぇなって思いました。偉人はやめます。

飯盛山全体的に穏やかで素敵な場所でした。

ありがとう~!

f:id:moneytongue:20160617033101j:plain

 

次に向かうのは、飯盛山の駐車場で「福島 観光地 めっちゃいい感じのやつ」と検索して出てきた五色沼です!

そうして五色沼に向かうべく車を走らせていたのですが、

この日はマジで信じられないくらい天気がよく、時折車を降りて初夏初夏した写真をしゃかしゃか撮っていました。

f:id:moneytongue:20160617034254j:plain

f:id:moneytongue:20160617034400j:plain

f:id:moneytongue:20160617034455j:plain

「The 日本の夏」って感じでわくわくするような、それでいて郷愁が漂うような風景ですよね。

こうして写真を撮っていると、なんだかものすごく興味をそそられる看板を発見しました!

f:id:moneytongue:20160617034702j:plain

最初はニコニコ動画ボーカロイドの曲つくってる人の1人、"幻の滝P"…!?」と思ったのですがもちろん違いました。

この幻の滝パーキングに車を泊めて少し歩くと、次はこんな看板が出てきたのです!

f:id:moneytongue:20160617034837j:plain

おいおいおい、なんだこの隠された秘密の場所って感じ。中二心をくすぐりすぎだろ。

最高です。こんなん行くしかありませんよね。

入口から続く道はこんな感じです!

f:id:moneytongue:20160617035146j:plain

このような、歩くための道なのかよくわからない道を抜るとそこには…!

f:id:moneytongue:20160617035319j:plain

でん!

f:id:moneytongue:20160617035427j:plain

ででん!

まぼろし~~~~~~~!!!
完全なる幻~~~~~~の~~~~~~~~~滝っ!!!!!!

いやぁマイナスイオン出まくりなこの感じ!マイナスイオンの効能とか全く知らないけど!

「幻の滝」という名前と、ちょっとした"秘境感"に手のひらで転がされて、私は大喜びでした。

こんな寄り道をして昼食を食べながら、

f:id:moneytongue:20160617040149j:plain

(↑昼食のソースかつ丼

ようやく五色沼にたどり着きました!

見てくださいこの美しいエメラルドグリーン!

f:id:moneytongue:20160617040405j:plain

駐車場に車を置いて一瞬歩くとこんな風景が広がっていたものですから、私いい意味でドン引きです。

個人的に、「自然が創り出す青」ほど流麗な色はないと思っております。

しかもこの五色沼の1つである「毘沙門沼」には色々な青がありますよね!

f:id:moneytongue:20160617041126j:plain

この毘沙門沼を含め五色沼にはいくつかの沼があり、それらの沼を観ながら歩くことのできる「五色沼自然探勝路」があります。

f:id:moneytongue:20160617041313j:plain

徒歩で歩けるコースの端から端までで、往復で7kmとか8kmくらいありました。 

ですが森林浴をしながらリラックスした気分で歩けるのであまり疲れも感じず、ご年配の方々も多くいらっしゃいました。

五色沼自然探勝路の道のりを簡単に紹介したいと思います!

基本的には、嫌味なく舗装された道が続きます。

広い場所だとこれくらいの道幅で↓、

f:id:moneytongue:20160617042428j:plain

狭くてもまぁこんなものです。

f:id:moneytongue:20160617042435j:plain

そして五色沼、というくらいなので色々な沼があります!

こちらは赤沼です。

f:id:moneytongue:20160617041353j:plain

続く3枚の写真はそれぞれ「るり沼・青沼・弁天沼のどれか」です♡

いやだってさ、"るり"と"青"って系統が一緒だし、しかも弁天沼も青かったってことは覚えてるから、今写真見てもどれがどれだかわかんないんだもん。

でも、どれも本当に白眉でした。

f:id:moneytongue:20160617041608j:plain

f:id:moneytongue:20160617041638j:plain

f:id:moneytongue:20160617041801j:plain

そしてこちらが柳沼

f:id:moneytongue:20160617041857j:plain

そして柳沼から少し歩いて道路を渡った向かいにある、桧原湖

f:id:moneytongue:20160617042140j:plain

このルートを往復し終えたあとは結構汗をかいて暑くなっており、2016年初のかき氷を解禁しました!

f:id:moneytongue:20160617042155j:plain

(↑レモン味!毘沙門沼を観ながら。)

ここでぼーっとしながら音楽を聴いていると、なんだかんだと夕方になりました。

 

そして私は温泉に行き、夕日を観て、↓

f:id:moneytongue:20160617043932j:plain

満点の星空の下で、エスティマの中で眠りました。(今回の旅は全部車中泊で、宿には泊まっていません。)

星空は写真には収められなかったのですが、もう本当に綺麗で脳みそがぶにょぶにょになりました!

 

福島の旅はこのような感じでした!

まだまだ観れていないものがたくさんあると感じるので、また必ず訪れたいと考えております!

さてさて、次回の内容は山形と新潟編になるかと思っております!

このブログもバンド活動もなかなかにスローペースですが、たまに気にかけてくださったらそれほど嬉しいことはありません!

 

それではまた!

(・ω・)ノ

f:id:moneytongue:20160617044619j:plain