読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんまね日記

Nora In True NorthとSLEEP IS SLEEPの音楽クリエイター、まねたんの日記です!バンド・日常・世界一周旅行などなど!

世界旅行記② ~オーストリア:ウィーン編~

こんばんは!まねたんです。

 

予告編から少し時間が空いてしまいましたが、

世界旅行記の第一弾となります!

今回ご紹介するのはオーストリアのウィーンです!

ウィーンと言えば、やはり「音楽の都」ですよね!

そしてかつてヨーロッパにその名を車車車かせた(轟かせた)ハプスブルク家の本拠地としても有名です。

音楽好き・旅行好き・世界史好きの方は、

一生に3万回は訪れるべき土地と言えるでしょう。


そんなオーストリアのウィーンを紹介する前に1つ言いたいことがあるのですが、

オーストリア」と「オーストラリア」って国名があまりにも似すぎですよね。

f:id:moneytongue:20160225224154j:plain

このままでは『全地球・国名似すぎ裁判』を開廷する際、

この2か国が真っ先に法廷に呼び出されてしまい、

どちらか片方が絶対かぶらない名前に国名を変えることになってしまいます。

タートルネック連邦」とか。

そもそも何がこの2国をこんなに状態になるまで追い詰めたのかという原因を知るために、

「オーストラリア オーストリア やばいくらい名前似すぎ」という、

やばいくらい頭悪すぎな検索ワードでググった結果、

何故この2国の名前が似ているかを説明してくれているYahoo知恵袋が出てきました。

まぁでも、なんかドイツ語とか難しくて理由はよくわかんなかった。ごめん。


さて、そんなウィーンを紹介していきます!

ウィーンってなんとなく遠いイメージがある気がするのですが、

実はオーストリア航空を使えば日本から直行便で行けるのです!

f:id:moneytongue:20160225225227j:plain

成田~ウィーンの所要時間は約12時間で、時差は8時間です。(ヨーロッパのサマータイム時は7時間差。)

8時間(7時間)、日本の方が時間が進んでいます。

言語は基本的にドイツ語ですが、

オーストリアで話されているドイツ語は方言と認識されるらしいです。(日本でいう京都弁、的な。)

通貨はユーロです!ユーロが使える国はとても便利ですね!

f:id:moneytongue:20160226014838j:plain

もちろん日本にいるときと全く同じというわけにはいきませんが、

治安が比較的よく、物価も日本と同じくらいの基準なので、

とても過ごしやすい場所です。


私がウィーンを世界旅行の最初の場所に選んだ理由は、

「なんか音楽の都らしいし、メジャーすぎない感じがかっこいいから」です。

清々しいくらい短絡的でしょう。

ほとんど初めての海外旅行だったのにもかかわらず(2歳のときにハワイ行ったことあるらしい)、

特に何も調べないままウィーン国際空港に到着した結果、

「どうやってホテルに行けばいいかわからない」という、

控えめに言ってもゴミクソみたいな問題にぶつかりました。

f:id:moneytongue:20160225030108j:plain

(↑このホテルに泊まりました)

結局タクシーを使ったのですが40ユーロ(約5,000円)かかって、

「旅行中は、宿泊費・食費すべて含めて1日6,000円で生きよう」という計画は、

到着してから40分ほどで滅壊完消(めっかいかんしょう:滅び、壊れ、完全に消えること)しました。

後で調べたところ、

地下鉄を使えば500円くらいで空港からホテルのある市街地まで行けたことがわかり、

「旅に出るときは、旅先のことをあらかじめ調べよう」という、

もはや事前に思いつかないことの方が難しい教訓を現地で得ました。


そんな脳みそトロトロの私が、

ウィーンに着いて最初に訪れた観光スポットはここ!

f:id:moneytongue:20160225030125j:plain

シュテファン大聖堂!

ウィーンの中心地で存在感が完全に爆発している建築物です。

初めてヨーロッパの教会を生で見て、

その壮大さに冗談ではなく震えました。

f:id:moneytongue:20160226002724j:plain

カッケーすぎるぜ…。

中もすごい!

f:id:moneytongue:20160225030156j:plain

ずっと体感したいと思っていた教会のリバーブ(カラオケのエコーのような音の反響効果)を聴けたため、

覚えているだけで54回は昇天させて頂きました。

シュテファン、ダンケ(ありがとう)。


他にもめちゃめちゃ改装中のカールス教会や↓、

f:id:moneytongue:20160226002738j:plain

パイプオルガンの無料演奏を聴けるペーター教会↓、

f:id:moneytongue:20160225030033j:plain

そして定期的にコンサートをやっている聖アンナ教会も訪れました!↓

f:id:moneytongue:20160225025946j:plain


見知らぬ街を歩くのはとっても楽しいです!

国会議事堂↓

f:id:moneytongue:20160226011939j:plain

馬車vsバス↓

f:id:moneytongue:20160226011004j:plain

緑の綺麗な小道↓

f:id:moneytongue:20160225030243j:plain


街歩きをして教会巡りをしつつ、王宮や宮殿も訪れました。

ホーフブルク王宮!↓

f:id:moneytongue:20160225030022j:plain

シェーンブルン宮殿!↓

f:id:moneytongue:20160225030222j:plain

こんな迫力のある建物を立て続けに見た私は、

「あ、ハプスブルクってとってもガチだな。資本主義ってとってもすごいな。」とか思いました。

壮大なものが大好きな私は、

脳内alwaysファンファーレ状態で楽しむことができました!


そして!

ウィーンに来たからにはやはりクラシックコンサートを聴かない手はないでしょう!

コンサートのチケットが取れなかった場合は移住も視野に入れていましたが(入れていません)、

なんとかチケットを取ることができました!

会場は音楽の聖地の1つ、ウィーン楽友協会! 

f:id:moneytongue:20160225030144j:plain

しかもウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地である、

「黄金の間(ゴールデンサール)」という大ホールでのコンサートです!

素晴らしい演奏と音響でした。 

f:id:moneytongue:20160226015725j:plain


いかがでしたでしょうか!

ブログを書くつもりで写真を撮っていたわけではないので、

見づらかったりわかりづらかったり部分があったら申し訳ないのですが、

有名観光地でありながら気品と誇りを保っているウィーンの魅力が、

少しでも伝わっていたら嬉しいです!

私自身もこの記事を書いていたら明日にでもまた行きたくなってきました…!

f:id:moneytongue:20160225030104j:plain

(↑コンサート帰りに見たドナウ河)

実はこの世界旅行ではウィーンに3回ほど立ち寄っているので、

またブログに出てくるかもしれません!

ウィーンのクリスマスマーケットのこととか!  

 

それでは、また次の旅でお会いしましょう。

次はオーストリアの第二の都市、ザルツブルグへ!

(・ω・)ノ